11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗談

この2年間での、失敗談を書いてみます。

 科目試験の時間割は、4月・7月は土曜日がA、B、C群の順、日曜日がD、E、Fの順です。10月の試験は、土曜日に結婚式が入っていたので、日曜しか受けられなかったのですが、日曜日だからDEF群だと勝手な思い込みで、その群の中の科目のレポートを提出していました。
 が、レポート締め切りの数日前に、塾生手帳をパラパラ見ていて、10月は時間割が逆になるという事に気づいたのです、あわててABC群から科目を選んでレポートを提出しましたーーー。そんなことさえ、入学年の8月まで、よく理解できてなかったのでした。7月の試験は仕事で受けられなかったので、10月が初試験。数日前に気が付かなかったら、その試験も受けられなくなるところでした(≧◇≦)。あやうくセーフ。

 必修外国語を仏語にしていますが、英語Ⅱも受験したいと思い、レポートを提出しましたら、すぐ戻ってきました。あらーー英語は採点が早いのねーーなんて思いながら封を切ると・・・・「追加履修届が出ていません」と、きれいにそのままレポがもどってきたのでしたぁ。そうでした!!追加登録を出さないといけなかったのです!!
 その後、追加履修届けを出しましたーーレポートも出しました~。でも、その後B群は受けたい科目が続いてるので、英語Ⅱの試験を受けられる日が来るのかどうか(-_-;)

 その必修のフランス語ですが、第三部のレポートを出したら、これもまた即戻ってきてしまいました。仏語三部は、仏文和訳が中心ですが、訳した和文だけしか出していなかったのです。問題のレポート用紙を貼るのを忘れて提出していました。いつもレポートはぎりぎりに提出しがちなのですが、この時だけは、少し余裕を見て提出していたので、再度提出でも、何とか締め切りに間に合いました。冷や汗ーーー。

 ここまでは『塾生ガイド』の読み込みが浅いという、初歩的ミスでした。

 最後の失敗は、ふつうは皆さん、なさらないと思います。恥ずかしいお話です( `ー´)ノ
 持ち込みOKの科目受験の時に、沢山本を持って行ったので重くてキャリーに入れていきました。それもいつも使っている丈夫なキャリーではなく、お買い物バッグみたいな布製キャリーー。
 帰宅して気づいたのですが、本の重みに耐えかねて、バッグの底の部分が破れていたのです-----恥ずかしーー
そして、本が1冊なくなっていることが分かりました。あちらこちら探しましたがありません。それは、小さな本だったので、破れたところから落ちてしまってたようですーー図書館からお借りした本だったので、すぐ新しい本を買って弁償しました.。
それ以来、丈夫なキャリーしか持ち歩かないことにしました( 一一)

 まだまだ失敗談ありますが、あまりのお間抜けぶりがばれすぎるのでひとまずお終いです。
 第2弾もあるか・・・・・・も。
スポンサーサイト

No title

こんばんは!
落とされた本が絶版になっていなくて良かったですね。
第2弾も楽しみに(!)致しております。

No title

ほんとに~~

絶版になってなくてよかったです。
その科目、無事にレポも試験も一発合格だったので、本代は痛かったけど、厄落としと思うことにしました(≧◇≦)

第2弾は・・・てへへ・・でーす。

No title

こんにちは。
私は、外国語科目に一般科目の講評欄をつけて提出したりしたことがありますが、事務局で直してそのまま採点にまわしてくださったことがなんどかあります。

No title

ABCさん、こんばんは。
そういえば、新しい講評用紙で提出しないといけないのに、古い方を使ってしまって、事務局で直していただいたことがありました~。色々な手続きがけっこう複雑なのですよね(≧◇≦)

No title

ペン書き必須を知らずに、よっしゃできた、と
出口に向かう間に「みんなペンで書いている」
ことに気がつき青くなったことも、夏スクの開始時間を
間違えて遅刻していったことも、部屋を間違えて焦ったことも、以前の講評欄を間違えて添付したことも、いろんなことがありました。
全部良い想い出にして卒業を目指したいです。

響子さん、エレガントなのに「どじっ子」っぷりが
親近感を感じます。


No title

siさん、こんばんは~
良かったぁ、お仲間だあ(笑)
講評欄の間違え添付は、私も複数回経験ありです。

ペン書き必須の科目は、ほんと、大変でしたーー・修正テープと、修正ペン駆使して答案仕上げました。でも、いまの若い人たちは(そうでない方も)ペンでもすらすら書けちゃうみたいですね。息子にペン書き大変だよねーーって同意を求めましたら『え??当たり前じゃん、答案はペンで書くものだよ』って言われて、ちょっとムッとしましたよん。フランスでは小学校の時から、ノートはペンで書かせるって聞きましたし、流れに乗れない私は昭和の化石かしらん。

エレガントって、およそ私からかけ離れていますが・・・でも、とっても知的なsiさんに言っていただけてうれしいです💓ありがとーーー。
Secret

プロフィール

kyoko

Author:kyoko
Apprendre,
c'est se retrouver!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

響子の本棚

読みたい本・読み終えた本

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。