07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3カ月・・

パリの「CHARLIE HEBDO」襲撃事件から、もうすぐ3カ月。

この事件は、la japonaise♪な私には、不可解なこともいっぱい。

Je suis Charlie」 とか
Tout est pardonne」とか・・

文字通りに訳すと、「私はシャルリ」「すべては許される」ということになるでしょうか・・・
でも、言葉に内包された意味はそんなに単純なものではないはずです。
歴史的背景、宗教的背景、社会的背景・・複雑に絡み合っていて。

「Le Monde」の、この事件に関する記事を訳していますが、深く難しく興味深くて。
通信でこの2年間に勉強してきたことが、直接的に、間接的に色々と役に立っています。

面白い雑誌を見つけたので購入したところ。
「ふらんす」の別冊です。これから読んでみます~。
201503270954001.jpg
スポンサーサイト

No title

響子さん、おはようございます。

この雑誌ー!私も気になっていましたー!
錚々たるお顔ぶれですよね。
慶應の小倉孝誠先生も寄稿されてますし。
私的には、野崎歓さんと池内恵さんの記事に興味があります。
ご感想、教えてくださいね~。

No title

coraraさん、おはようございます。
読み始めたところです。

もう少し読み進んだら、感想書きますね。

読んでは考え、また読んで思いを馳せ、という感じでなかなか進まないのです~

No title

響子さん、こんにちは。

あの襲撃事件から、もう3ヶ月も経つのですね。。。
事件直後、喧々諤々となされていた映像&新聞上での議論もすっかり収束している今日この頃。世の中では新たな惨事が次々と起こり過去の事件を掻き消していくようです・・・

忘れてはいけないものもあるでしょうに。ついつい時間と情報に流されて忘れてしまいそうになる自分に気付きました。
ちゃんと読めるかどうか分かりませんが、私も「ふらんす」買ってみます!

No title

cimicoさん、こんばんは~

この事件は、ただの宗教問題だけではなく、様々なことが絡み合っていますね。通信で、文学や歴史や語学を学び、(2年前よりは・自分比)は視野が広くなっていますので、私も自分なりに色々な切り口から考えてみようと思っているのです。

この「ふらんす」の別冊は、まだ全部は読んでいないのですが、様々な方の寄稿文が読めて興味津々。お勧めです。でも、試験が終わってからのほうがいいかも~です(笑)
Secret

プロフィール

kyoko

Author:kyoko
Apprendre,
c'est se retrouver!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

響子の本棚

読みたい本・読み終えた本

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。