09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ続く夏スク物語

イタリア文学の講義で、マドリガーレが扱われたことは、先日記事にしました・・(でも、大幅に脱線してしまいました)。

マドリガーレはルネサンス期に最も栄えた世俗歌曲です。講義では、ルネサンス、マニエリスム、バロックのそれぞれの時代のマドリガーレを鑑賞しました。

まずルネサンス盛期のマレンツォのマドリガーレ鑑賞。美しい響きが整然と続き、いかにもルネサンス!!ルネサンス建築のあの合理的な美しさに通じます。幾何学的な半円とか、すっきりした直線とか・・・私の乏しい記憶ではフィレンツェのピッティパレスが思い出されますが・・

次に、初期バロックのモンテベルディのマドリガーレを鑑賞。バロックというと、まず頭に浮かぶのがトレビの泉の彫刻なんですけど、私の場合。ゆがんだ曲線的な美とか・・。でも、連想ゲーム大好きな私は、トレビの泉のすぐ近くのジェラート屋さん、おいしかったなあ・・・とか、別方面に想像が飛んでしまいマス( ;∀;)
モンテベルディにもどって。暗と明の隣りあわせ。不協和から協和への解決・・緊張から弛緩への予定調和的な美を感じます。二元論的な相対的な価値の比較がバロックの美ですものね。

最後にカルロ・ジェズアルド。プロフィルによると名門貴族、妻殺し、狂気・・・・画家のカラヴァッジョに似た部分も多い。ジェズアルドが活躍したのはルネサンスからバロックへの移行期の、マニエリスムに当たります。マニエリスムといえば、昨年の夏スク「西洋美術史」で勉強したマニエリスム美術の話、いろいろと思い出しました!夏スクではスペインに特化してましたが。でも、イタリアにも通じるところ多し。マニエリスム=誇張という図式が浮かびますが・・絵でいうと、エル・グレコがまさにそうですね。
ジェズアルドのマドリガーレは・・・ルネッサンス的な調和の美もないし、バロックのような解決もあまり感じられないし。フレーズの最後が不安定な響きでそのまま終わって、メロディもなんだか不安感を煽るかのような不可思議な・・・聴いていて美しいとも思わないけど、心がざわざわするんだけど聴きたくないからカット!でもないし、不思議と聞いてしまうというような・・・。何とも言えない独特の魅力なのでした。
スポンサーサイト

Secret

プロフィール

kyoko

Author:kyoko
Apprendre,
c'est se retrouver!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

響子の本棚

読みたい本・読み終えた本

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。