08
1
2
4
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
21
23
24
27
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことりに・・・

イタリア文学の講義では、最初にアッシジの聖フランチェスコの『被造物の賛歌』を読みました。1200年ころの詩です。聖フランチェスコといってまず浮かぶのが、リストのピアノ曲『鳥に布教するアッシジの聖フランチェスコ』。リストが晩年、世俗社会を捨てて教会の修道僧になってからの作品です。この曲は良く耳にしますし、またリストがインスピレーションを受けたの聖フランチェスコの話は知っていましたが、イタリア語での詩を目にしたり、聴いたりしたのは初めてでした。
聖フランチェスコは自分の詩にメロディを付けて、民衆に教えを説いたのです。民衆に伝わるよう、ラテン語ではなく、俗語のイタリア語で。
    
    我が主を讃え、祝福しましょう。
    大いなる謙遜を持って、主に感謝し、お仕えしましょう・・・


講義の中で、聖フランチェスコがテーマの映画を紹介されましたがこれがまた美しい作品です。
今回は一部しか見られなかったので全部通して観たいです。
ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]ブラザー・サン シスター・ムーン [DVD]
(2004/06/25)
グラハム・フォークナー、リー・ローソン 他

商品詳細を見る


講義の話の続きはまた書きますねーー






スポンサーサイト

プロフィール

kyoko

Author:kyoko
Apprendre,
c'est se retrouver!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

響子の本棚

読みたい本・読み終えた本

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。