02
1
3
4
5
6
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしばかよね~

わたしばかよね・・・おばかさんよね~
(この歌ご存知の同世代の方は一緒に歌ってください)

この前の記事に、フランス語3部のレポを提出した、って書いたのに、速攻戻ってきました。
自分の和訳だけを出して、問題(つまりレポート)も一緒に提出するのを忘れてました。

1部2部、2つ出しましたが2つとも綺麗に戻ってきましたので(笑)来週早々また出します。余裕を持って提出しておいてよかった!!

このところ、本業関係がかなり多忙に付き、その上また新しい出会いが色々ありまして、本来の自分業務に追われてて、通信は2の次か3の次になってました。

反省

仕切り直して地道な女子大生道歩みます。
スポンサーサイト

オリンピック観たし。レポも書かなきゃ。

科学哲学のレポートに着手してますが、まとまらなすぎっ!!
テキストなど読み進めていきますと、あまりわからないながらも興味深い点も多々・・・。でも、ほんとにほんとにまとまらないのです(困ったもんだ・・・
その一番の原因は、そもそもこの種のレポートの書き方が良くわかっていないことですね。致命的だ;;それから、課題の意図がよくのみ込めてないこと。これもさらにNGですね。

実は、1類のレポート書くのは初めてです・・スクーリングでは社会学特殊や哲学特殊、美術史などの試験のようなレポートのような。。。そういうものを書きました。でも、それはライヴで授業を受けて、そこからインスピレーションを頂いたり、周りの方から刺激を頂いたりして書いていったもの。今回は自分で読んだり調べたり考えたり・・・。それが、いや、とか、つらい、ってこととは少し違うのですが、キーボード打ちながら、違うだろうなぁ。どこかずれてる!なんか変。って一人ぶつぶつ…とっても怪しいヒト。
私って、たしか1類だよねーー・・となってくるのです~~

今月中に書けるかな?いえ、とにかく書上げます、出します、読んでいただきます。どこがどのように良くないのか専門の先生の目で見ていただけるのは嬉しいような申し訳ないような。

今の私・・オリンピックをどうしても見てしまうので、ただでさえ少ない勉強時間がさらに少なくなってます。

フランス語の単位の取り方

何度か書いていますが、必修外国語をフランス語にしています。
フランス語のテキストは一部から四部まで四冊あります。それから、スクーリングが初級前期から上級まで、放送授業は初級前期・後期が開かれているようです。

必修ですので、合計8単位取らないといけません。
しかし単位の取り方は結構複雑で、私の頭では中々理解できませんでした。今ようやく謎が解けたような・

卒業要件としては、学士入学の場合、すべての通信生に通用する5種類と、学士入学者のみに通用する1種類、計6種類の取り方が選べます。私は、その中で、

テキストで、1,2,3部の単位を取り、スクで中級(1単位)上級(1単位)と取る。もしくは上級の違う授業を2単位分取る。という形を選択しました。私が選んだ形以外は、1部の単位は使えません。たとえば、3,4部をテキストで取り、スクーリングで3単位、メディアで1単位・・・とか。スクーリングは好きですが、そんなにフランス語にばかり通えないので・・・・(ー_ー)!!

フランス語、1部2部と勉強して良かったです。私はフランス語の勉強を始めたのがかなり遅い(50歳過ぎてから)上、今まで習っていた先生のほとんどがフランス人で、文法があまり系統的に勉強できていなかったのです。でも慶應通信に昨年入学してから、1,2部のテキストを勉強することで、少し文法が整理されてきました。
しかし前にも書きましたが、2部は回答がないので、かなり大変です。回答下さい~~~♪

野望としましては(笑)夏スクで中級、夜スクで上級が取れたらいいな、と思い、事務室にメールで質問させていただきました。私の場合、昨年秋に1部は合格しているので中級の夏スク受講資格はあるそうです。もし、この前の1月試験で2部も受かったら、さらに夏に上級受講の資格もあるそうです。ということは、今回2部が落ちたら、4月には受からないと、秋の夜スク上級受けられないってことですね------。そうかあ!!ぜひこの前の試験で受かっていてほしい!そうしたら憂いなく、今年中にスクーリング受講できますし!

あ、でも大事な事。フランス語3部も合格しなければ卒論も遥か彼方・・・・・
3部は、まだレポートも出していないので、ちょっとピッチ揚げなくては。

さてさて・・・明日雪かな??午前は千葉のはずれ方面、午後は埼玉中心部にて用事が有るのですが…大丈夫かなあ?電車動くかなあ??レポート以外にも色々心配事が多い日々なんです。

夜スク 西洋美術史

こちらも合格しました。
いい評価を頂き、とても嬉しいです。

試験は、たしか
①キリスト教に関する美術作品を一つ取り上げて論じなさい、
②授業の中で印象に残っていることを書きなさい・・・
③この授業を受けて、美術鑑賞に対する態度が変わった点など述べてください。

えーーと、これらは先生がおっしゃった問題とちょっとずれてるように思いますが、まあこんな感じでした。たしか試験問題のメモ書きがあったと思って今調べたのですが、もう失くしている。ゴメンナサイ。私は超おおざっぱ人間なので。

事前に答えを考えて行っていいのですが、持込は一切禁止です。なので、沢山覚えなくてはいけません・・
①に関しては、ヒエロニムス・ボッスの「最後の審判」を選びました。秋に上野でミケランジェロ展が開かれていて、そこで「最後の審判」の絵の映像に触れて、ミケランジェロの素晴らしさにも感銘したのですが、その時に以前ウィーンで観たボスの審判を思い出したのです。この絵はウィーンの美術大学(ヒトラーはこの大学を2回落ちたとか・・・)の美術館にあります。この絵に出会ったとき、私はその前から長い間離れることができませんでした。なんとも言えない不思議な雰囲気を醸し出しています。ボスがあの絵を描いた当時は、人々が迷信・魔術に惑わされ、宗教改革の兆しが見え始めた不安定な時代でした。その当時の風潮を考えると、あのような絵になったのだと理解できます。そのあたりの事を中心に書きました。
②に関してはたーーくさん書くことありましたわっ!特に、マギの礼拝や、ヨセフ信仰に対しては授業でも色々と興味深いお話を聞けたので、そこをまとめました。
丁度この授業を受けているころ、アテネ・フランセでクリスマスの絵の話の講座があったのです。アテネの受講生でなくても申し込めば誰でも行ける、という講座。かなりフランス語上級者向けの講座でした。私は美術史のスクーリングで取っていたお蔭で予備知識が少しあって、なんとか少しわかりましたが、そうじゃなければ全くお手上げでした~~。

なんやかんやいっても、やはり、スクーリングは楽しい!!目の前で、生の先生が講義して下さるんですもの。来年夏までスクーリングお預けなのは寂しい。

eスクの案内も来ましたが、どうしよーー。放送英語にもとても興味あります。でも、今はそれよりなによりフランス語やらないと、卒業やばそうだし・・。で、ちょっと考え中です。

プロフィール

Author:kyoko
Apprendre,
c'est se retrouver!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

響子の本棚

読みたい本・読み終えた本

リンク

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。